徒然日誌 2018

日々のあれやこれや

家族のこと、猫のこと、庭のこととか。
日常の一コマを少しずつ綴ります。

まあまあ


↑ こちらの絵。

娘の、小学生の頃の作品。

部屋の掃除をしていたら出てきました。


本日娘は、漢検を受けました。

通学している学校の中1生、団体受検です。

ただし、本日は中学受験と重なっているため、校舎は使用できません。

というわけで、各自、自宅に近い場所での受検となったわけですが、そこで学校の友人とばったり会ったそうで、寄り道して帰ると、つい先ほど連絡がありました。


試験どうだった?と尋ねると「まあまあ」と返事。

先日の英検の時もそう。

「まあまあ」

中間考査、期末考査、そして中学受験のときも「まあまあ」


この「まあまあ」。

小学生の頃に通ってた進学塾の塾長先生に教わったそうで、

模試や組み分けテストがあると、必ず親は「どうだった?」と尋ねてくる。

その都度、面倒(というか、ウザい?)なので、すべて「まあまあ」と答えればよい、と。


たしかに、子どもは毎度毎度ウザいだろうよねぇ。

塾長先生さすがです。

娘は先生のアドバイスに従い、今に至ります。


明日は英検の合否発表日。

「まあまあ」だった試験の結果はどうなんでしょね。